風葬書架

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | -

    『夜の展覧会』茅田砂胡

    0
      夜の展覧会 (C・NovelsFantasia か 1-47 クラッシュ・ブレイズ)
      夜の展覧会 (C・NovelsFantasia か 1-47 クラッシュ・ブレイズ)
      茅田 砂胡
      JUGEMテーマ:読書


      今回はあんまりドンパチ(なんか表現が古い…?)がなかったようです。
      大雑把な内容は
      「ルーファが描かれている絵をリィが手に入れようとする話」
      です。
      とくに特筆すべき変わったことはおこらない。
      …いや、物語はかなりガンガン事件が起きるのですが
      ほら もう主人公達が最強であるのが前提だから
      これといってドキドキハラハラはしないんですよ。
      でもそれがかえって安心して読んでいられて
      私は好きなんですけどね。
      水戸黄門とかそんな感じ。

      そろそろ主要キャラに新キャラが加わらないかなーって
      思っているんですが。
      なんかこう可愛らしい女の子とか奇麗なお姉さんとか。
      金銀黒みたいのではなくてもっと素朴に可愛いキャラがいても
      いいんじゃないかなぁ。
      主要キャラの女性陣てかなり濃いし(笑)


      『C★N25』っていうアンソロジーが出ているみたいですね。
      デルフィニアの外伝を書かれているらしい。
      ブライスって誰だっけかなぁ?
      作者・茅田砂胡 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

      『クラッシュ・ブレイズ 大峡谷のパピヨン』茅田砂胡

      0
        クラッシュ・ブレイズ 大峡谷のパピヨン
        クラッシュ・ブレイズ 大峡谷のパピヨン
        茅田 砂胡


        表紙絵怖っ
        ジャスミン壊れた?!みたいな。

        本中の挿絵も一枚すごい怖い表情のがあって
        どきどきものでした。
        絵としては『夫の胸にもたれかかる妻』なんですが
        …とっても凶暴なカンジで素敵でした(笑)


        今回はひょんなことから盗まれたジャスミンの赤い相棒を
        取り戻す為に峡谷競争(飛翔機でやる賭けレース)に出る事に。
        相変わらずの暴れっぷりが爽快。
        最後はめでたしになるってわかっているから
        読んでいても余裕をもって楽しめるのがこのシリーズ。
        水戸黄門とか寅さんとかアクション系ハリウッド映画みたいに。

        今回は3人天使が出てこないしダイアナもちょっとしか出ないので
        さみしい。
        次はぜひジンジャーさんを出して欲しい。
        気が強くて綺麗で化物じみて老けない人間が好きです。
        (ちょっとマニアック)



        作者・茅田砂胡 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

        『暁の天使たち』茅田砂胡

        0
          暁の天使たち
          暁の天使たち
          茅田 砂胡


          久しぶりに読み返しています。

          ところで今この表紙変わってません?
          バイト先で品出ししてたらイラストがたしか
          高梨かりたさんから鈴木理華さんのになっていたような…。
          まぁ二巻以降からは鈴木さんなので再版時に変えたのかな。
          高梨さんの絵結構好きだったんだけど。





          ――ネタバレ
          この世界は『スカーレット・ウィザード』の舞台なので
          なんとジャスミンの息子とリィシェラが会話するんですよ!
          この巻ではまだ居ませんが女王と海賊もいます。
          主役級キャラ勢ぞろいってのはなんともお得!
          規格外人間ばかりなので周囲の人間の反応を
          楽しめるのがこのシリーズの見所です。
          『デル戦』で王宮とか戦場とかにいた2人が
          今回は学校に通ってます(笑)

          作者・茅田砂胡 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

          茅田砂胡『スカーレット・ウィザード』

          0
            スカーレット・ウィザード〈1〉
            スカーレット・ウィザード〈1〉
            茅田 砂胡


            バイト先の方にお借りして読んでます。
            実は「暁の天使たち」も「クラッシュ・ブレイズ」も
            既に読んでいるのに「スカーレット」は未読だったのです。
            いや 「デル戦」読み終えた後だったので
            リィシェラがわかればいっかとか思って(汗)
            でもやっぱりこの「スカーレット」は読んで正解ですね。
            面白かったです!

            女王と海賊の夫婦漫才(?)
            規模のでかいケンカとか肉弾戦(男女なのに互角)
            デル戦とは違って機械やハイテクな会話の想像も楽しい。

            いっとう面白かったのは二巻目か三巻目あたりの
            女王の着せ替え。挿絵も素敵(笑)

            借りてるのが読み終わったら「デル戦」「暁の」「クラッシュ」
            の順番で読み返してみようかな。






            作者・茅田砂胡 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

            茅田砂胡『レディ・ガンナー』

            0
              レディ・ガンナーと二人の皇子 (下)
              レディ・ガンナーと二人の皇子 (下)
              茅田 砂胡

              中巻のあとがき「下巻は来年」を見てげっそりしましたが
              やっと読めます♪
              (茅田さんのスバラシイところはちゃんとコンスタントに
              続きが出てちゃんと完結することだと思う。
               某コバ○ト文庫の前○珠子さんなんてどれだけ
              途中でほっぽらかしになっているお話があるんだか…)

              レディ・ガンナーシリーズは貴族のお嬢様キャサリンと
              動物に変身する4人組の冒険物語。
              この世界では人間のほかにアナザーレイスという
              人の姿と動物の姿をもつ種族が暮らしています。
              この種族と人間は少なからず隔たりがあったり。




              ――ネタバレ
              今回はマリアだらけで頭がこんがらがりました。
              というか妃八家は多すぎる…
              カタカナで名前と苗字、たまにミドルネームもあるし…
              でもちゃんと最後丸くおさめるところは
              流石茅田さんですね、読了感も良かったです。
              デルフィニアの外伝もでたばかりですが
              そろそろ新シリーズとか書かないのかなー。

              作者・茅田砂胡 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
              にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
              ブログランキング・にほんブログ村へ