風葬書架

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | -

    「ちょうちんそで」江國香織

    0
      JUGEMテーマ:読書

      介護付高級マンションのようなところが舞台。
      主人公は架空の妹と暮らす50代くらい?の女性。

      江國さんのお話はどう説明していいかいつも困るのですが
      まあ いつもどおりの江國さんの世界です。

      ミルクティーにチョイス(クッキー)を浸して食べたり
      スーパーのカートを駐車場まで持っていってしまう人に
      困惑(よりも強く怒り)を感じたり

      関係ないけど、彼もスーパーのカートを外に持ち出す人を
      「信じられない!」といつも怒っているな そういえば。


      いつも通りの江國さんフィルターで書かれた世界。
      この物語はいつも小雨が降っている感じでした。



      にほんブログ村 本ブログへ
      にほんブログ村







       
      作者・江國香織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

      「東京タワー」江國香織

      0
        東京タワー
        東京タワー
        江國 香織


        憎き花粉の影響がでだした今日この頃。
        鼻で息ができないのでレジで接客していると
        呼吸困難に陥りそうになります。



        少しずつ読んでいた『東京タワー』読了。
        リリーさんのではなく江國さんのです。
        この本はちょっと江國さんのお話にしては異質かも、
        妙に主人公(透ではなく耕ニの方)が活動的。
        透と詩史の方が『江國さんの書く恋人』っぽい感じ。
        (ところで私ずっと詩史(しふみ)さんの読みを
        「しお」さんだと思って読んでいた…)

        江國さんの小説を読んだ後数時間はいつも、
        なんだか世界の見え方が『江國さんフィルター』を
        通して見えてしまう。
        いつもだったら焦ってしまったり哀しくなってしまう
        ちょっとした出来事を『なんてことない』ことのように
        感じられるのが江國さんフィルターの効果。
        (けれども長くは続かない…)

        だから新しい場所や少し憂鬱な場所に出かける時は
        よく江國さんの本を持っていきます。
        『冷静と情熱のあいだ』や『神様のボート』なんて
        相当何度も読み返しています。
        「あおい」が昼間からお風呂入るシーンが何故かとても
        好き。映画もちょっと見てみたいな。
        作者・江國香織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

        溺愛

        0



          『神様のボート』江國香織

          数年前に一度読んで、今一度読み返している本。
          淡々とした静かなお話しなのになぜかひどく寒気がする。
          目に見えない狂い、恐いのに惹かれる。
          表紙の写真がとても好き。
          この本は同作者の『ホリーガーデン』とリンクしているようです。


          ====================================
          本が好きです。
          ちょっと自分でも異常じゃないかっていう程好きです。
          死ぬなら本で圧死希望。

          商店街の中にある小さな書店で3年間程バイトをしていて
          今は資格取得の為泣く泣く辞めたのですが
          資格をとったらすぐにでも新しいバイト先を探すつもり。
          (実を言うと資格はまったく本屋に関係がないものなんですが
          諸々事情の為とらねばならないのです…)

          ネットを徘徊しているとどうやら本好きさんは結構多いらしく
          なんだか嬉しいです。
          私のまわりには家族も含めてあまり本を読む習慣がないらしく
          「お仲間」がいないので。

          図書館には2週間に一回は行きます。(一回の貸し出し期限が2週間)
          大型書店だったら一日中居ても飽きません。
          (買わなくても背表紙・装丁・あらすじなどを延々と眺めていられる。
          非常に迷惑な客/笑)
          …そんなお仲間募集中(苦笑)

          作者・江國香織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
          にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
          ブログランキング・にほんブログ村へ