風葬書架

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

柴犬図書カード

0
    JUGEMテーマ:読書



    以前ちらっと書いた柴犬図書カード
    購入者はプレゼント応募ハガキをもらえて
    それを投函してあたると5000円とか1000円のオリジナル
    図書カードがもらえるんです。

    当たりました♪


    1000円ですが、ここのところ落ち込み気味だったので
    ちょっとうれしいです!


     
    書籍 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

    図書カード(柴犬)

    0
      JUGEMテーマ:読書

      贈り物にも便利な図書カード。
      書店で働いているので販売もしてますが
      柄があまりなくてお客様がよく嘆かれます。
      (ピーターラビットや名画は可愛らしいのですが
      男性にあげるとき微妙…とか、いつも同じ柄なので
      つまらない等)

      実は、ごくたまに限定の柄を販売したりはしています。
      ワンピースとかドラえもんとか進撃の巨人とか…ね。

      でも、昨年から始まった柄で即売り切れになる人気柄!





      柴犬!
      上記は去年の柄なのでもうないのですが、今年は↓

      こちらの柄が2月13日から発売されます。
      かわいい!柴犬飼いとしては絶対手に入れておきたい!
      バレンタインデーとか、もしくはホワイトデー用に買っておいても
      いいかもしれません。

      公式サイトはココ

      書店によっては事前予約とかもできます(^-^*)










      にほんブログ村 本ブログへ
      にほんブログ村

       
      書籍 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

      「王様ゲーム」金沢伸明

      0
        JUGEMテーマ:読書

        以前読んだ「奴隷区」と似たようなのかなあと
        思いながら読んでみた。

        内容は
        突然携帯メールに送られてきた一方的な命令文
        「これはあなたのクラス全員で行ってもらう王様ゲームです。
        王様の命令は絶対なので24時間以内に従って下さい。
        途中棄権が認められません。
        *男子出席番号4番 女子出席番号19番
        二人がキスをする」

        んで、これを実行すると
        「服従確認」というメールが送られてくる。
        命令に従わないと毎回違う「罰」が与えられる。

        命令内容は毎回違い、またどんどんエスカレートしていく。
        王様はクラスの誰かなのか?

        といったカンジです。


        以下ネタバレありーーーーーーーーー

        バトロワとかにちょっと似てる。
        でも、なんか釈然としない…。
        これがもっと超現象的なものじゃなく
        クラスの誰かがやったものとかで
        推理で犯人を捜す系だったら好きだったのにな。
        智恵美も家族に話すの遅すぎだろう。
        てか、こんだけガンガン死んでたらもっと警察介入
        するんじゃないの?とか。
        莉愛はなんかオタク受けしそうな設定ですね、とか。

        展開が速いので読みやすいです。
        ただ、続編があるような書き方(実際出てるみたい)だけど
        私はもういいかな…。

        最後のパズルのピース云々はなにか物語りの伏線かと
        思いきや、とくに意味はなかった様子。


         
        書籍 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

        図説 奇形全書

        0
          JUGEMテーマ:趣味


          図書室や図書館の一番奥の棚にあった
          こういった「タグイ」の本。

          本好きなら一度はそおっと見ていませんでしたか?


          興味があるんです、好奇心です。
          でも、それの何が罪でしょう?だって見てみたいんだもん
          知っておきたいんだもん
          一番醜悪なのは知らないフリをしておくことでしょう?


          両性具有に小人に巨人 腕のない人脚のない人 シャム双生児に奇形児達

          知識として読んでおきたかったんです。
          知りたかったんです。





           
          書籍 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

          湘南 いそいそ家飲み日記

          0
            JUGEMテーマ:読書


            柴犬本を多数執筆している方のお酒なエッセイ。
            夕食時や晩酌をしている人なら
            「ああ〜♪」とつい唸ってしまうような一冊。


            毎日のお酒時間をちょっといい感じに見せる方法とか
            ところどころにでてくる柴犬のイラストとかが素敵。

            お酒って雰囲気で飲むところがおおきい飲み物だと思うので
            やっぱり酒飲みとしては他の人がどうやって晩酌しているか
            ちょっと気になる。

            「間に合わせの晩酌」の日、とか
            ポテサラ・ナスの浅漬け・焼き酒・とうもろこし
            そしてよく冷えたカップ酒!

            うん いいじゃないですか、夏っぽい!
            くわえて 足元に柴犬がいたら最高!
            (うちの柴犬はおとなしく座ってなんていないけど)

             
            書籍 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

            奴隷区 僕と23人の奴隷I

            0
              JUGEMテーマ:読書


              コミック化・ドラマ化などで散々話題になっているようですが
              とりあえず読んだので感想など。

              ーーあらすじ

              口の中に入れ歯みたいなのを入れて 入れてるもの同士が勝負して
              勝ったほうが負けた方を好きにできる〜ってお話。




              ーー感想(ネタバレあり)

              デスノートとか好きなら好きかも。
              あとちょっとグロエロ系好きなら読んでみてもいいかも。
              上記が嫌いならやめておくがいい。


              もっとすごい頭脳戦がくりひろげられるカンジだったら
              よかったなあ と。
              とりあえず お水系の登場人物がやたら多かったので
              (まあ こんなんに手を出してみるなんてよっぽど度胸があるか
              もしくはあまり常識に頓着しない人になってしまうんだろうが)
              あまり親近感をもてなかったけれど、文章は読みやすい。
              ストーカーの男の子がいい感じ。
              あと 犬。犬かっこいい。



               
              書籍 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

              『酔って記憶をなくします 』石原 たきび

              0
                JUGEMテーマ:読書
                 
                −−−−−−アマゾンより
                乗り過ごしや、モノの紛失は序の口。酔って海へ、気づけば鼻の辺りまで海水が。
                上司のハゲ頭に柏手を打って拝む。交番のお巡りさんにプロポーズ。
                タクシーで5万円払い「釣りはいらねえよ」。居酒屋のトイレで三点倒立の練習。
                ホームレスと日本の未来について語り合う…。

                −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                私もカナリやらかしてますが、こんな面白いことはまだできていない。
                本気で飲みずぎると倒れて意識不明になるし。
                (駅員さん、居酒屋のスタッフさんすみません)

                酒を飲めるようになってまだ10年もたっていないし
                修行がたりないのですね!
                精進しなきゃ!!(笑)
                書籍 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

                『善人長屋』西條 奈加

                0
                  JUGEMテーマ:読書
                   

                  最近時代物にはまりつつあるので気になっていた一冊。

                  「住んでいるの真面目で気のいい人ばかり」と評判の
                  通称「善人長屋」の住人達。
                  しかし実は…






                  ネタバレ――――――――

                  実は全員「裏家業」もちの凄腕ぞろい。
                  (でも殺し屋とかじゃなくて美人局とか偽証文書きとか小悪党)
                  裏家業を気取られないように、表の顔はとても善人なのです。

                  そんな長屋に「根っからの善人」が引っ越してきて
                  行き倒れを助けたり捨て子を拾ってきたり
                  面倒ごとを次から次へと背負い込んで長屋の住人達は大迷惑!
                  しぶしぶ「裏家業」の手腕を生かして手をかすことに。


                  「根っからの善人」加助
                  「美人局(からくりアリ)」
                  「情報屋」「盗人」「スリ」……

                  必殺仕事人とか好きな方にはたまらないですよね!!
                  気の強い主人公「お縫」ちゃんと美人局の美女(?)文吉の事も
                  気になるので是非続編が読みたいところです。





                  書籍 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

                  『暗号事典』

                  0
                    吉田 一彦,友清 理士
                    ¥ 4,200
                    コメント:すごいけど値段高いよ…

                    JUGEMテーマ:読書
                     
                    Q
                    こんなんいったい誰がなんのために買うのでしょう?


                    A
                    だって 気になるんだもん。(乙女っぽく)




                    ――――――――

                    クイズとか雑学とかな軽い内容の本じゃないです。
                    もうホントこんなん誰が必要としているのかさっぱりわからない。

                    細かい字でダーっと暗号に関することが書かれたまさに『事典』。
                    でもオタクだからわからなんくても好きなんです。

                    暗号機エニグマ・二銭銅貨・職業独自の隠語・トラトラトラ…

                    なんでだかときめくー
                    これが噂の中二病?


                    ぱらぱら眺めてみたけどはっきりいって読む気はおきない。
                    でも買って満足。

                    書籍 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

                    備忘録

                    0
                         

                      装丁が美しいとついつい買いたくなってしまう…。
                      書籍 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
                      にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
                      ブログランキング・にほんブログ村へ