風葬書架

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『砂漠』伊坂幸太郎 | main | 夜音標本(ヨルオトヒョウホン) >>

『陽気なギャングの日常と襲撃』伊坂幸太郎

0
    陽気なギャングの日常と襲撃
    陽気なギャングの日常と襲撃
    伊坂 幸太郎


    読み終わりましたー。
    今回は4人の別々の日常でおこった別々の事件を
    別々に解決していったのにいつのまにか繋がっていて…。

    という非常にわくわく(!)な展開です。
    副題の「巨人の肩にのれば〜」や「ガラスの家に〜」
    という外国の諺にも妙に感心してしまいました。





    ――ネタバレ
    まずは成瀬さんが遭遇した強盗のカモフラージュ刃物男事件。
    …でも読んでいてふと思ったのですが
    男が刃物を取り落とし拾う間に紙に文字を書いて
    下に落とすって難しくないですかね…?

    成瀬さんの部下(名前忘れた)が
    彼女(←重要人物)の尻にひかれてそうでイイ味。



    響野さんは相変わらず騒がしそうでいいですね。
    読んでるぶんにはサイコーですが
    近くにいたら絶対距離を置くタイプ(笑)
    居たはずの人間をみんなが「居ない、知らない」
    って言うのはミステリーっぽくていいですね。
    たしか古畑でもそんなのありましたね。


    雪子さんは「アネさん!」って感じ。
    クールなのに妙に面白い。
    最近読んだ「砂漠」の東堂さんと同タイプですかね。
    車をぶっとばすところが読んでいて痛快です。


    久遠青年は言動が少年っぽくて癒される(笑)
    考え方が一貫して人間 < 動物なので
    価値観の違いはあれどすごいと思う。
    情けないオジサンは動物に見えるのだろうか。


    で 真ん中に本業(?)の強盗シーン

    それから4つのお話の伏線がまじりあい
    4人の軽快な掛け合いがあり
    驚くべき真相が語られ見事なラストへ!





    先日「陽気なギャング」の映画を見たばかりなので
    読んでいても人物イメージが俳優に固定された。
    映画のキャストは結構思っていたイメージに
    近かったので良かった。
    特に響野の喋りっぷりが好き。
    ただ私的に成瀬さんはもっとおじさんだと思っていた。

    映画では原作と結構違うのでちょっとびっくり。
    悪くはなかったけれど原作通りのも見てみたかった。

    作者・伊坂幸太郎 | permalink | comments(0) | trackbacks(2)

    スポンサーサイト

    0
      - | permalink | - | -

      この記事に対するコメント

      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://sasakusa.jugem.jp/trackback/122
      この記事に対するトラックバック
      『陽気なギャングの日常と襲撃』伊坂幸太郎/著 祥伝社 4人組のギャング。 演説の達人、響野。嘘を見分けられる、成瀬。動物をこよなく天才スリ、久遠。 正確無比な体内時計を持つ、雪子。 彼らは陽気に銀行を襲う。  伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回
      陽気なギャングの日常と襲撃 | かんじのほん | 2006/10/24 8:37 PM
      陽気なギャングの日常と襲撃posted with amazlet on 06.05.26伊坂 幸太郎 祥伝社 (2006/05)Amazon.co.jp で詳細を見るりょーち的おすすめ度: こんにちは、酒井くにお・とおるのくにおです(嘘です)。ここで笑っとかないとあとは笑うとこないよ(謎)。 ってことで、
      伊坂幸太郎:「陽気なギャングの日常と襲撃」 | りょーちの駄文と書評 | 2006/05/27 12:24 AM
      にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
      ブログランキング・にほんブログ村へ